【解説&レビュー調査】本当にコスパ最強なのか?KOORUIの激安ゲーミングモニターについて調べてみた結果・・・

レビュー調査

今回は、Amazonで見つけて気になった激安ゲーミングモニター「KOORUI 27E1Q」のレビュー調査を実施しました!本当に満足できる製品なのかどうか・・・?しっかりとチェックしていきます😎

記事の後半では、その他KOORUIの製品についても触れていますので、良かったら一緒に確認してみてください。

記事を読む前に

当サイトでは正しい情報を掲載するように努力しておりますが、誤った情報が載っている可能性もゼロではありません。商品を購入する際は当サイトだけを参考にするのではなく、しっかりと販売ページやメーカーHPの内容もご確認ください。誤った情報がありましたら、コメントやTwitterのDMなどでご指摘いただけますと幸いです。すぐに修正いたします。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

KOORUI 27E1Qの特徴とレビュー調査について

こちらのモニターの特徴は以下の通りです。

  • ミドルスペックPCで使いやすいWQHD解像度
  • 視野角、発色に優れるIPSパネル採用
  • 60Hzモニターよりも2.4倍も滑らかな描画性能
  • 応答速度1msでアクションゲームに最適
  • FreeSync/G-Syncの両方に対応
  • 豊富なゲームモードを搭載
  • 角度、高さ調整可能な付属スタンド

「ゲームから普段使いまで使いやすいWQHD」「最大リフレッシュレート144Hz」「応答速度1ms」「G-SYNC/FreeSync対応」など、スペックだけで見ると非常にハイスペックな製品であることが分かります!

このスペックのゲーミングモニターだと2022年8月時点では安くても35,000円 ~ 40,000円ぐらいが相場だと思いますが、本機はセール適用で25,000円以下で購入することが出来ます。

しかもTN、VAじゃなくて視野角と発色に優れるパネルIPSパネルが採用されていることもポイント高いと思います。

これはもう価格破壊と言っても過言ではないぐらい安いかと・・・(-_-;)

「ここまで安いと何かしらデメリットがあるのでは?」と思ったので、Amazonのユーザーレビューからマイナスポイントだけを抜粋してみました。

・色が暗くておかしい感じがする
・赤みが強くて、白背景は黄ばんだように見えてしまう
・スピーカー非搭載
・説明書にある機能が無かったりする
・言語設定で日本にしても中国語が混ざることがある
・モニターアーム取り付けにロングボルトが必須

やっぱりいくつかデメリットがあるみたいですね。

… 色味がおかしい
⇒ これは設定で緩和できるかと思います。このモニターを買う人はゲームでの使用がメインだと思いますので、慣れればそこまで気にならないでしょう。

… スピーカー非搭載
⇒ 基本的にモニター内蔵のスピーカーは音質が悪くて使い物にならないことが多いです。正直あってもなくても同じだと思います。数千円の外部スピーカーを一緒に買うのがいいでしょう。

… 説明書にある機能が無かったりする
⇒ おそらくですが、上位モデルのマニュアルを使いまわして作成している可能性が高いです。ちょっと気持ち悪いので修正してほしいですね。

… 言語設定で中国語が混ざる
⇒ 中国HKCの別ブランドなので日本向けに最適化されてなさそうです。これは今後の修正に期待しましょう。

… モニターアーム取り付けにロングボルト必須
⇒ これは普通にだるいです。モニターアームは簡単に取り付けられるようにしてほしいですね。

以上、デメリットについて触れてみました。

価格破壊レベルの安さなので多少のデメリットは仕方ないかなーという感じです。とりあえず付属スタンドを使ってゲーム専用で使うなら悪くない選択肢になるでしょう。

上記のことから「とにかく激安ですぐに使えるWQHD解像度のゲーミングモニターが欲しい!内蔵スピーカーは必要なし!」って人におすすめだと思います。

Twitterでの口コミ、評価

⇒ 2Kは快適、144Hzは良くわからないとのことです。ゲーミングモニター初心者あるあるですが、もしかしたら144Hzの設定を忘れている可能性も・・?物自体は満足しているということなので、なかなか良い製品みたいですね!

その他のラインナップ

KOORUI
KOORUIは中国HKCのサブブランド。トレンドテックブランドと位置づけ、若者のためのトレンドテックづくりに力を入れている。

今回紹介したモデル以外にも、KOORUIでは数多くのパソコン用ディスプレイを販売しているみたいです!せっかくなので個人的におすすめだと思ったモデルも一緒に紹介します😆

KOORUI 24E4

サイズ24インチ
形状フラット
解像度フルHD(1920 x 1080)
パネルVA 非光沢
最大リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms(MPRT)
インターフェースDisplayport x1、HDMI 1.4 x2
スピーカーなし
機能AMD FreeSync Premium
ブルーライト軽減
傾き調整
価格17,999円
(2022/08/08 Amazon調査)

「FPSゲームに最適な24インチ」「リフレッシュレート165Hz」「コスパに優れるVAパネル」「応答速度1ms(MPRT)」「AMD FreeSync Premium対応」といった感じで、なかなかハイスペックなフルHDゲーミングモニターだと思います

VAパネルはIPSに劣ると思っている人もいるかもしれませんが、実際は黒の表現が優秀なので映像作品を見るときやゲームで使うならIPSパネルよりもお勧めだったりします。

フルHDの144Hzモニターだと2022年8月時点では、20,000円~25,000円ぐらいが相場だと思いますので、2万円以下というのはコスパ最強クラスと言っても過言ではないでしょう。

上記のことから本機は「スピーカーは必要なし!高リフレッシュレートの使いやすいフルHDゲーミングモニターが欲しい!」という人におすすめです。

KOORUI KS27E1

サイズ27インチ
形状フラット
解像度フルHD(1920 x 1080)
パネルIPS
最大リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms(MPRT)
インターフェースDisplayport x1
HDMI 1.4 x1
Type-c (15W) x1
スピーカーなし
機能AMD FreeSync
G-SYNC Compatible
ブルーライト軽減
高さ・角度調整
価格23,800円
(2022/08/08 Amazon調査)

先ほど紹介したVAモデルと同様のフルHD解像度、リフレッシュレート165Hzというスペックに加えて、発色に優れるIPSパネルが採用されています!

さらにモニターサイズが27インチにサイズアップされて、FPSゲームなどの視認性が向上していることも大きなメリットです。

VAパネルのモデルよりは少しだけ割高になりますが、27インチのIPSパネル採用で2万前半で購入できるのは非常にお買い得だと言えます!

上記のことから本機は「普段使いでも快適に使えるコスパ最強クラスのIPSゲーミングモニターが欲しい!」という人におすすめだと思います。

KOORUI 27E6QC

サイズ27インチ
形状カーブ
解像度WQHD(2560 x 1440)
パネルVA
最大リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(MPRT)
インターフェースDisplayport 1.2
HDMI 1.4
HDMI 2.0
オーディオ出力
スピーカーなし
機能AMD FreeSync
G-SYNC Compatible
フリッカーフリー技術
ブルーライト軽減
Black Stabilizer
GamePlus
向き調整(上15°/下5°)
価格24,800円
(2022/08/16 Amazon調査)

フルHDよりも1.8倍の解像度を誇るWQHD(2560×1440)の湾曲ゲーミングモニターです!

「最大リフレッシュレート144Hz」「応答速度1ms(MPRT)」「多数のゲーマー向け機能搭載」ということで、非常にハイスペックなゲーミングモニターに仕上がっている印象です。

湾曲モニターなので左右の視点移動が少なく、27インチでも画面全体を見渡しやすいというメリットがあります。さらにWQHD解像度は普段使いの作業効率もアップするので、一石二鳥です!

実際に私もVAパネルのゲーミングモニターを長いことゲームと仕事で愛用していますが、発色面で特に不満に感じることもないですし、費用対効果が高いのでとても気に入っています!

「IPSパネルじゃなくても良いので、コスパに優れるWQHD湾曲ゲーミングモニターが欲しい!」という人におすすめです!

KOORUI 22N1 21.5インチモニター

サイズ21.5インチ
形状フラット
解像度フルHD(1920 x 1080)
パネルVA
最大リフレッシュレート75Hz
応答速度6ms
インターフェースHDMI x1
VGA x1
スピーカーなし
機能ブルーライトカット
フリッカーフリー
価格12,590円
(2022/08/16 Amazon調査)

ちょっとした作業やサブモニターに最適な21.5インチのフルHDモニターです!

「最大リフレッシュレート75Hz」「応答速度6ms」ということで動きの速いアクションゲームには不向きですが、黒の表現に優れるVAパネルが採用されているので、FF14などのRPGゲームで使うならそれなりに優秀なモニターだと思います。

映像端子がHDMI x1、VGA x1ということで最低限となっているので、複数のパソコンやゲーム機を繋ぐ目的の人は注意が必要です。

それでも2022年8月時点で1万円台前半で購入できる価格設定は非常に魅力的だと言えますし、ゲーミングモニターを買ったついでに調べもの用のサブモニターとして購入するときにコストを抑えられるのは大きなメリットです!

2022年8月16日時点でのAmazonのモニターランキングで上位に表示されているので、かなり注目度が高まっている印象です。

上記のことから「とにかく安くてすぐに使える汎用モニターが欲しい!」「ゲーム中の調べものに最適なサブモニターが欲しい!」という人におすすめです。

まとめ:若干デメリットはあるけど、コスパ最強クラスの激安ゲーミングモニターが欲しい人におすすめ!

今回はAmazonで販売されている激安ゲーミングモニター「KOORUI 27E1Q」のレビュー調査を実施しました。

予算が潤沢であればBenQやLGなどの有名なゲーミングモニターをお勧めしますが、限られた予算のなかでゲーミング環境を構築したいユーザーにとっては魅力的な選択肢になるメーカーだと思います。

セール、クーポンが配布されているときは超お買い得だと思いますので、興味がある方はぜひ購入を検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました