【解説&レビュー調査】VAパネル採用のエントリーモデル!BenQ MOBIUZ EX240Nは本当におすすめなのか?

ex240n-topimageレビュー調査

今回は、2022年7月11日に国内販売が開始されたBenQ MOBIUZのゲーミングモニター「EX240N」のレビュー調査を実施しました!

MOBIUZシリーズはゲーマーからの人気が非常に高く、高品質で外れの少ないシリーズではありますが、本機に関しても例外なく満足できる製品なのかしっかりとチェックしていきます😎

記事を読む前に

当サイトでは正しい情報を掲載するように努力しておりますが、誤った情報が載っている可能性もゼロではありません。商品を購入する際は当サイトだけを参考にするのではなく、しっかりと販売ページやメーカーHPの内容もご確認ください。誤った情報がありましたら、コメントやTwitterのDMなどでご指摘いただけますと幸いです。すぐに修正いたします。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

BenQ MOBIUZ EX240Nの特徴とレビュー調査について

こちらのモニターの主な特徴は以下の通りです。

  • 23.8インチなので置き場所に困らない
  • ゲームから普段使いまで使いやすいフルHD解像度
  • 応答速度1ms/リフレッシュレート165Hz
  • 超高音質な内蔵スピーカー
  • BenQ独自のHDRiテクノロジー
  • 輝度自動調整機能(B.I.+)
  • 多数のゲーマー向け機能を搭載

23.8インチのフルHD解像度かつ応答速度1ms/最大リフレッシュレート165Hz対応ということで、基本性能だけでも高性能で扱いやすいゲーミングモニターに仕上がっている印象があります。

さらにMOBIUZシリーズではお馴染みの「超高音質なtreVoloオーディオシステム」と「HDRiテクノロジー」に対応しているのも良いところです。

↑こちらは私がメイン機として使用している「EX3410R」ですが、高音質スピーカーのおかげで外部スピーカーが不要になりましたし、HDRiテクノロジー効果で原神やFF14といったRPG系のゲームが最高に楽しくなりました!(※こちらはサブウーファー搭載モデルなので、EX240Nよりもさらに高音質です。)

EX3410Rも同じVAパネルですが、ゲームから普段使いまで不満なく使うことが出来ていますし、IPSパネルのモニターと比較しても悪いどころか黒の表現力では圧倒的に上回っている印象すらあります。

さて、そんな高品質かつ高機能な「EX240N」ですが、2022年9月6日時点でのAmazon価格が29,772円となっていました。

165HzのフルHDモニターなら2万円前後から購入することも出来るので、機能の良さを分かっていないとかなり割高な印象があると思います。

ただIPSパネルが採用された上位機種「EX2510S」が3万5千円ぐらいの価格設定なので、そちらと比較すればコストパフォーマンスは悪くない印象です。

▼まだまだ情報の少ない本機ですが、Amazonレビューを確認してみたところ、以下のようなレビューが投稿されていました。

「ゲーム用とAmazonプライム観賞用、とてもキレイで滑らかな映像なので満足!」といったプラスの意見と「エントリーモデルとは言えHDMI1個は少ない・・・」というマイナス意見がありました。

VAパネルモニターと言えば一昔前は否定的な意見も多かったのですが、最近のゲーミングモニターに採用されているVAパネルは値段が安くて本当に綺麗なので、個人的にコストパフォーマンス最強だと思っています!ぶっちゃけ下手なIPSパネルより綺麗だと思ってますw

HDMIが1個しかないということに関しては、PCやゲーム機をHDMIで繋ぎたいというユーザーにとっては不便かもしれないですね・・・

パソコンはDPで接続、家庭用ゲーム機はHDMIで接続といった使い方をすれば問題ないとは思いますが、小まめなケーブル交換が面倒なユーザーにとっては確かにデメリットです(-_-;)

上記のことから「接続インターフェースは最低限で良いので、高音質なスピーカーとBenQ独自のHDRiテクノロジーが搭載されたコスパの良いMOBIUZシリーズが使いたい!」というユーザーにおすすめの製品です!

高品質なMOBIUZシリーズが3万円以下というのは個人的にかなりお買い得だと思いますので、興味のある人はぜひ購入を検討してみてください😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました