【実機レビュー】デジタル時代のマストアイテム!どこにでも持ち運べる万能ポータブルスキャナー「CZUR Lens Pro」が最高すぎる😭

レビュー記事

Makuakeでクラウドファンディングが開始されている万能ポータブルスキャナー「CZUR Lens Pro」をレビュー用に提供して頂いたので紹介します。

こちらの記事では、「製品の特長とデザイン紹介」「実際に使ってみた感想」「メリット・デメリット」など、購入の参考になりそうな情報をお伝えします。

スポンサーリンク

製品概要

Makuake|「複合機」から「持ち運ぶ」時代へ。ポータブルスキャナーCZUR Lens Pro|Makuake(マクアケ)
スキャナー専門メーカー一筋9年、シリーズ累計出荷台数30万台、世界のデジタル化を牽引し続けたCZUR(シーザー)ブランドから、シリーズ最軽量、便利機能満載のポータブルスキャナー『Lens Pro(レンズプロ)』が日本初上陸!*本プロジェクトは、Lens Proの日本における初めての正規販売ルートです。 CZURは...

スペック

メーカー/製品名CZUR/Lens Pro
画素数1200万
解像度3968*2976
DPI330
センサーCMOS(ソニー製)
スキャン速度1秒
エクスポートJPG , Word , Excel , PDF ,TIFF
動画撮影可(MP4出力)
対応OSWindows XP/7/8/10/11
Mac OS 10.11 ~
サイズ/重量78.5 x 105 x 352.5mm
427g
専用ソフトあり
価格14,980円 ~
2022/06/09 Makuake調査

特徴

  • ミニマルでスタイリッシュな外観
  • 僅か427gという超軽量設計
  • 書類の入れ替えスキャンで楽々取り込み
  • USB1本で使える消費電力の低さ
  • 取り込んだデータを後から修正できる
  • デスクライトとしても優秀
  • 俯瞰撮影に最適なWEBカメラ機能
  • 180°角度調整で汎用性が高い

まずは何と言ってもミニマルでスタイリッシュな外観に目を惹かれます!さらに500mlペットボトルよりも軽量な427gという驚異的な軽さを実現しています。

「ミニマルで軽いのは分かったけど、機能面は大丈夫なの?」と思った方もいるかもしれませんが、本機は驚くほど高機能で汎用性が高い製品に仕上がっていると断言できます!

折りたたみ可能なので場所を取らず、スムーズな可動とUSBケーブル1本で簡単にセットアップができますし、ソフトウェアを起動すれば直ぐに画像を取り込めます。

さらに書類を入れ替えていくだけでオートスキャンしてくれるので、「書類を入れ替える → 撮影ボタンを押す」といった手間がなく、円滑に作業を進めることができます。

取り込んだデータは後から修正することも出来るので、「斜めに撮影しちゃったから撮り直す」といった煩わしい作業も必要ありません。

↑スキャナーとしての機能は勿論ですが、デスクライトとしても活用できます。

私の場合はゲーミングマウスをレビューすることが多いのですが、マウスパッドの上にマウスを乗せてライトを当てれば手軽に綺麗な写真を撮ることが出来ます!

これは嬉しい誤算というか本当に便利で重宝しています。

あとは高性能カメラが搭載されているので、手元を俯瞰撮影することができます。テレワークで他の人に書類を見せたい時などに活用すると便利で良いと思います。

以上のことから本機は「お手頃価格で書類が取り込める高性能スキャナーが欲しい」「手軽に持ち運べる汎用性が高いスキャナーを探している」という人におすすめです!

開封 ~ 外観チェック

外箱と付属品

本機は、細長い長方形の外箱に梱包されて届きます。

本体と付属品は発泡材と保護ビニールでしっかりと保護されていて、輸送中の衝撃などで破損しないようしっかりとリスクヘッジされているので安心ですね。

↑親切なことに外箱に持ち手が付いているので、こちらは捨てずに取っておくと持ち運びの際に活用できると思います。

CZUR Lens Pro 内容物一覧
  • スキャナー本体
  • 撮影用マット(黒色)
  • USBケーブル(Type-A to C)
  • インストールCD
  • 取扱説明書

付属品は必要最低限といった感じで余計な物は一切ありません。

専用ソフトウェアはインストールCDだけでなく、オンラインでもダウンロードすることが出来ます。

本体デザイン

本体は細長くミニマルでスタイリッシュな外観をしています。折り畳んだ状態ならデスクのモニター横などに設置しておくことで、出しっぱなしでも全く邪魔にならないです!

スキャナーと言えば無駄に平べったくて大きいイメージがあったので、開封した直後は「これがスキャナーってどういうこと!?」って感じでびっくりしましたw

↑本体を広げるとこんな感じです。

マイクアームのように空間のスペースを上手く利用しているので、どこでも場所を取らずに使えるようになっています。

開閉するときもギギギといった不快な可動音が鳴るようなこともなく、スムーズでストレスフリーな使用感を実現しています。

台座部分もシンプルなデザインに仕上がっています。

CZURのブランド名が小さく印字されているだけなので、オフィス用途でも悪目立ちすることなく、安心して使うことができます。

本体の穴にカメラが収まるように設計されています。

閉じている時は正面、開いているときは下方向の撮影が可能です。

カメラの下には白色LEDライトが搭載されています。

付属のUSBケーブルを使って、本体とパソコンを接続するだけで簡単にセットアップすることが出来ます。

撮影用マットは布製なので使わないときは丸めて保管しておくことができます。

別売りではありますが、Type-AをCに変換してくれるケーブルも販売されています。

私はWindowsユーザーなので問題ないのですが、Macユーザーの人はこちらも一緒に買っておくと困らないと思います。

↑起動直後はライトが点灯して撮影用マット全体を照らしてくれます。

しっかりと余計な影を飛ばしてくれるので、綺麗な状態で書類をスキャンすることができます。

LEDライトは本体のボタンを押すことでオフにできます。それなりに明るいので使わないときはオフにすると良いでしょう。

Lens Proの基本設定と使い方

Makuake|「複合機」から「持ち運ぶ」時代へ。ポータブルスキャナーCZUR Lens Pro|Makuake(マクアケ)
スキャナー専門メーカー一筋9年、シリーズ累計出荷台数30万台、世界のデジタル化を牽引し続けたCZUR(シーザー)ブランドから、シリーズ最軽量、便利機能満載のポータブルスキャナー『Lens Pro(レンズプロ)』が日本初上陸!*本プロジェクトは、Lens Proの日本における初めての正規販売ルートです。 CZURは...

専用ソフトのインストール

まずは「CZUR公式サポートサイト」から専用ソフトウェアをダウンロードして、お使いのパソコンにインストールする必要があります。

私はWindowsユーザーなので、左端にあるWindows用のインストーラーをダウンロードしました。

国や地域に合わせた言語パックが用意されているので、日本語を希望する人は「Asis-Pacific」を選択すれば問題ありません。

ライセンス認証について

こちらのソフトウェアはインストール時にライセンス認証を求められます。ライセンスは本体のUSB接続部分にライセンスシールが貼ってあるので、そちらから確認することができます。

モード選択

ソフトウェアを起動すると「スキャナ」または「ビジュアルプレゼン」の2つの機能を選ぶことができます。

スキャナー機能

右下にある「スキャン開始」のボタンをクリックするだけで、すぐに画像を取り込むことができます。

「自動最適化」「カラーモード」「白黒」といったカラーの選択から、「フラットペーパー」「結合側」「領域スキャン」「無加工」といった取り込みパターンを選択することが可能です。

▼試しにいくつかのパターンで撮影してみました。

フラットペーパー

枠で覆われた範囲だけを撮影してくれます。

書籍のページ、名刺の保存といった最もオーソドックスな使い方に適しています!

さらに複数の名刺を同時にスキャンして「マルチターゲットページング」を選ぶことで、それぞれ分割した画像として保存することも出来るのでマジで最強の時短アイテムです。

結合

こちらは表・裏を撮影して結合表示してくれる機能です。

1枚で複数の情報を保存しておきたいときに大活躍です!

領域スキャン

指定した領域をスキャンしてくれます。

特定の箇所を切り抜いて保存したいときに便利です!

元のまま処理しない

そのまま何も処理されない状態で保存されます。

これはスキャナーというよりはカメラ的な使い方です。

書籍や紙だけでなく、小物などの画像データ保存に便利だと思います。

↑スキャンボタンの下にある「手めくりで自動スキャン」にチェックを入れると、書類を入れ替えてサクサクと撮影することも可能です!

取り込んだ画像は「白黒に変更(カラーモード変更)」「トリミング」「ウォーターマーク記入」など、後から画像を編集することも可能です。

ビジュアルプレゼン機能

こちらはウェブカメラのような使い方ができる機能です。

手元をピンポイントで撮影・録画することが出来るので、ZOOM会議で資料を見せながら説明したい時などに活用できます。

↑画像のようにゲーミングマウスなどの小物を映しながら配信することも可能なので、仕事以外の用途でも使えると思います。

実際に使ってみた感想

ここが良かった!

軽量コンパクトで場所を取らない!

コンパクトかつ500mlペットボトルよりも軽い427gなので、持ち運びや収納が本当めっちゃ楽で良い感じです!

平たくて大きいスキャナーを使っている人はこれだけでも感動すると思います。

かなり画質が良い!

高性能カメラ(一眼レフ、最新スマホ)には劣りますが、フルHDの1200万画素なので画質も悪くない感じです。

書類や名刺を綺麗に保存できるのは勿論ですが、小物の写真などをデータとして保存しておきたい時などにもかなり使えます!

しかもスキャンが1秒かつ入れ替え認識機能があるので、ストレスフリーでテンポよく撮影できちゃいます😎

デスクライトとしても優秀!

とても明るく綺麗な白色LEDが採用されているので、デスクライトとしても便利に活用することができます!

暗所での作業だけでなく、小物を綺麗に撮影できるのでめっちゃ便利です😭

ここが悪かった!

LEDライトの調整ができない

本機が素晴らしい製品であることは間違いありませんが、惜しいポイントとしてLEDライトの調整ができないことです。

光沢紙を照らすと白飛びしてしまうので、どうしても取り込みたいときはライトをオフにする必要があります。

↑こんな感じでライトをオフにして室内光または自然光などで影を飛ばせば光沢面でも取り込むことはできますが、環境に左右されるので少々使いにくい感じがしました(-_-;)

総評:一家に一台欲しくなる高クオリティの小型万能スキャナーで間違いなし!

  • 小型軽量でめっちゃ使いやすい
  • 複数の名刺を同時にスキャンすることができる
  • USBケーブル1本でどこでも使える
  • 取り込んだ画像を後からでも編集できる
  • スキャナーだけでなくLEDライトとして使える
  • WEBカメラ機能があるので俯瞰撮影も得意
  • 180°の角度調整が可能
  • 専用ソフトウェアが超優秀
  • LEDライトの光量調整ができない
  • WEBカメラのズームアウトができない

今回は、Makuakeでクラウドファンディングが開始されている万能ポータブルスキャナー「CZUR Lens Pro」の紹介でした。

謳い文句に偽りなしといった感じで、とにかく汎用性が高くて万能なポータブルスキャナーに仕上がっている印象です!

本体が高性能なことは勿論ですが、専用ソフトウェアが非常に優秀です!カクカクするようなこともなく快適に撮影・編集することができました。

取り込んだ画像を後から白黒にしたり、文字を入れたり微調整することも出来るので、かなり便利で使いやすかったです。また、本体は180°の角度調整が可能なので、周囲の状況や被写体に合わせての微調整も楽々です!

軽量コンパクトで場所を取らないLens Proですが、明るくて見やすいLEDライトが搭載されているので、デスクライトとしても活用できます。読書をするとき、俯瞰撮影で小物を撮影したいとき等に活用できるのでめっちゃ便利です。

▼2022年6月10日現在「CZUR Lens Pro」はMakuakeでクラウドファンディングが開始されているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

Makuake|「複合機」から「持ち運ぶ」時代へ。ポータブルスキャナーCZUR Lens Pro|Makuake(マクアケ)
スキャナー専門メーカー一筋9年、シリーズ累計出荷台数30万台、世界のデジタル化を牽引し続けたCZUR(シーザー)ブランドから、シリーズ最軽量、便利機能満載のポータブルスキャナー『Lens Pro(レンズプロ)』が日本初上陸!*本プロジェクトは、Lens Proの日本における初めての正規販売ルートです。 CZURは...

コメント

タイトルとURLをコピーしました